住宅購入の計画を立てる前に

住宅を購入するとき、一戸建てを購入するか、賃貸に住み続けるか、比較検討されると思います。 住宅購入は、とても大きな買い物となりますし、長期的な話でもありますから、慎重さだけでなく決断力が必要となります。 このページでは住宅を購入することのメリットとデメリットを示し、お客様の選択の一端を担えればと思います。

メリット・デメリット

住宅を購入することには、メリットもデメリットもあります。
一戸建てを購入した場合、自分たち家族の居場所を確保できるという満足感や安心感を得たり、賃貸よりも広い空間を手に入れたりすることができます。家を持つことの意味は大きく、将来にわたり家と家族の幸せのために生きることも素晴らしいことですが、月々のローン以外にも毎年かかる費用や修繕費用などの負担も考えながら購入計画を立てましょう。

住宅購入のメリット・デメリット

修繕費用

新築の一戸建ての場合でも、10年単位でみれば修繕する箇所がでてきます。
給湯器やエアコンなどの電気機器の修繕・交換が必要となりますし、外壁や屋根の塗装も10〜15年単位で必要となります。このようなメンテナンス費用は、収入の中から積み立てておく必要があります。中古住宅を購入した場合は、購入費用は低く抑えられますが、リフォーム費用がかかることがあります。

定期的に発生する費用

分譲住宅や分譲マンションの場合、毎年必要となる費用として固定資産税などの公租公課が挙げられます。
また、分譲マンションの場合は、修繕積立金、管理費などの費用が毎月発生します。

購入時の費用

不動産購入には、購入金額のほかにも、引越し費用や諸費用がかかります。諸費用とは、住宅ローンの手続き費用・保証料、不動産の登記費用・仲介手数料などのことです。目安としては、3000万円の新築一戸建てを全額住宅ローンで組んだとすると、諸費用として260万円ほどかかります。仲介手数料がかからない場合の諸費用は160万円ほどとなります。

新築一戸建ての購入は長期のローンを組むため、転勤などの変化に対応しにくいという声もありますが、お子様の学校の学区が変わらないのでお子様にとっても安心です。転勤になった場合でも、賃貸物件として貸し出し、転勤から戻ってきた時に再度お住まいになるという方法もあります。また、一戸建てとマンションを比較すると、一戸建ての方が売却しやすいとも言われており、資産として土地を持つことができることも魅力の一つです。
本当に自分たちが落ち着く場所を見つけるためにも、しっかりと計画を立てた一戸建ての購入をおすすめいたします。仙台 住宅購入は、ぜひウェルプレイスへご相談ください。また、まず賃貸物件からお探しになりたい方は、ぜひ弊社運営の賃貸 仙台サイトをご覧ください。

仙台不動産.netでは、弊社が提供する仲介サービスの特徴や、新築一戸建て・建売住宅に必要な情報を豊富に掲載しています。
その他、弊社は法人様向けの不動産サイトや、東北大学の学生様専用などの賃貸情報サイトも運営しています。不動産の管理を検討のオーナー様もご相談ください。